借り入れと法改正

借り入れと法改正

借り入れと法改正

 

最近の金融業界では、活発な変化がもたらされてきていて、法改正や制度の見直しなど借入れを行う際の細かな環境が変化していることが示唆されています。

 

 

その発端としてはもともと貸金業法が定めているお金を貸す際に守らなければいけない条項が甘いために借金問題などが浮上したことを省みた結果とも言えます。

 

そこで起きたのが法改正による総量規制です。総量規制は基本的に詳細の部分を除けば年収の3分の1程度までしかお金を借りることができないというものです。
これを一般の人がどうとらえているのかといえば以前よりも借りにくくなったこと言わざるを得ないでしょう。

 

またブラックリストに登録されている場合も、金融機関からの借り入れは難しくなります。

 

他にも多重債務の社会問題化が背景ともなっていますから、すでに複数の借金を総量規制を超えて借りている場合には新たに借入れを行うことができなくなるというわけです。
そのせいか闇金へ流れる問題が生じたりしているというのも言われているようです。その反対に、借り換えが積極的になるなど金融業界の動きの変化も多少あったといえます。

 

借入れは本来、企業や個人事業主が運転資金としてお金を融資してもらったり、一時的にお金を借りて生活やら他の費用を支払うわけですが、その基準が引き上げられたのだと考えてよいかもしれません。